ブログトップ

雫・・・☆

ateardrop.exblog.jp

日々の想いを綴る場所・・・

本当に・・・☆

長い、長い研修が終わり
職場に戻り、待ち受けていたものは。。。

相変わらずの我が儘ぶりの班長と
興味も無い仕事についてしまった課長の姿

外に出てあらためて思ったことは
「いい仕事をするには、理解しあえる仲間と、意見を言ってくれる上司」ということ

正直、そんなの勝手に決めて欲しいことまでを
わざわざ「担当だから~」と恩きめがましく、一気に言われても、ますます部下の評価は下がるだけということに気がついていない。











自分が一番の考えは、上の立場になったときには、果たしてどうなのだろうか・・・?
自分の興味のある仕事だけには気合を入れてやる。
それ以外には口答えばかりのやり方に、ホントに嫌気が差し始めてしょうがない。
上司の言うことは、ある程度やら無ければいけないとは、自分では思っている。
でも、自分がやりたくないからという理由で、遠まわしに全部持ってくるのはどうなのだろう・・・
研修に行く前の引継ぎが全然生かされていないことも、かなりがっかりであった。

あと何年したら、自分は辞めるから

そう平気に口に出していう上司達。
だったら、今すぐ辞めなさいよ!という気持ちになる。
それだったら、やる気のある若い世代を投入して、もっと活性すべきではないかとも思う。
会社も、そんなやる気のない人間に給料を払うのはバカバカしいと思っているはずだ。

とある人が
「給料は我慢料だ!」と言っていた。
たとえ、給料が安くても、よく頑張ったね!ありがとう!お褒めの言葉が何よりの報酬であり、それが次の糧にもなる。
この我慢料は、内部の職員に対する我慢ではない。
外部に対する我慢のこと。

でも今は、内部の職員に対する我慢料になっているのが情けなし・・・
はやく、人事異動の内示通知が出ないかと心待ちにしているのは言うまでもない。。。

やでやで。
明日も職場であの上司達に会うのか。。。
嫌だなぁ。。。
[PR]
by hitotu-no-shizuku | 2008-02-27 22:57 | shigoto